毎日の食べ物が健康な身体を作るのだから、いい品物をしっかりと毎日食べていただけるように。

私たち葉名菱の展開する水耕栽培は「天候による不安定な収穫量」「農業用水確保の問題」「農業従事者の減少」 など、従来の農法の課題であった様々な問題を解決・改善し、品質の高い新鮮な野菜を一年中、安価に安定して 供給することを可能にした、これからの日本の農業をリードしていく、近未来型のアグリビジネスモデルです。

中でも大きな特徴は、農薬を一切使用しない【完全無農薬による水耕栽培】であるということです。
野菜がスクスクと育つビニールハウス、その中にあるのは「水の流れる音」「野菜の香り」「太陽の光」野菜にとっても人間にとっても有害な物はなにもありません。

農薬を全く使わずに育てた野菜は、洗わなくてもそのまま食べられます。しかも水耕栽培で出来た野菜は鮮度保持期間が長く、時期(季節)に関わり無く年間を通じて安定した高い栄養価を誇ります。

葉名菱のビニールハウスで、太陽の光をいっぱいに浴びて美味しく育ったたくさんの野菜が、市場やスーパーに出荷され、みなさんの食卓へ。そして、給食やお惣菜、お弁当となって様々な場面で、たくさんの元気や笑顔の素となるのを待っています。

葉名菱 完全無農薬野菜へのこだわり

葉名菱 完全無農薬野菜へのこだわり

完全無農薬による水耕栽培だからできる、オーダーメイドの野菜作り。

水耕栽培はその特性から土耕栽培の野菜と異なり、出荷のタイミングや生育度の調節が容易です。また、少数単位での生育環境の調整が可能なため、飲食店・食品工場など、野菜を使っていただく方の要望にあわせて、オーダーメイドで作っていく事ができます。例えば「九条ねぎ」を、味の匠がイメージする一杯入魂のラーメンにあわせて、苦み・甘味を整えたり。イタリアン・フレンチで活躍するいろいろなハーブの香りや色をデリケートに整えたりと、様々なリクエストに対応していきたいと考えています。

現在も、種1個からの試行錯誤を繰り返し、味や香りだけでなく、鮮度保持期間が長い事と、収穫時に根が傷つかない事を利用して、レストラン用に高品質・高鮮度保持の「根付のバジル」を開発中です。

NEXT CONTENTS 障がい者雇用への取り組み

ページトップに戻る